menu

リノベーション済とリフォーム済の違いとは?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

リノベーション済とリフォーム済の違いとは?

今回はみなさんが解っているようで、詳しくは、解っていない。。。
そして、実は・・・不動産業者や営業マンも解っているつもりで、正確には解っていない人がいたりする
「リノベーション済とリフォーム済の違いとは?」
この件について書きたいと思います。

私、山下は当然、沢山の中古マンション売買の仲介をさせていただいております。
そんな私が不動産広告のチェック!

各ポータルサイトや、各不動産会社のホームページにて、中古マンションの広告を見ていると、「室内リノベーション済」または「室内リフォーム済」という表記をしてある中古マンションが沢山販売されております。
私の感覚としましては、リノベーション済という表記ならば、コンクリートむき出しのフルスケルトン状態から、躯体部分にも手をいれて、専有部分の給排水管なども交換!そして、バス・トイレ・キッチン・洗面台の水回りや全室のクロス・床・建具等も新品に交換しているお部屋のこと!こんなイメージで考えております。
そこで、リノベーションとは?
で検索してみると・・・
中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせること。
中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。
例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。
こんな風に書いてあります。
私の理解であっている感じですよね。
キーワードはただ新品に交換するだけではなく、現代人が使いやすいように、間取りを改良したり機能性も向上させつつ、見た目も美しく再生。
そして、躯体部分まで手を加えている。
ここがポイントではないでしょうか?

それでは、リフォームとは?

で検索してみると・・・
リフォームとは、居住中の住宅の改築や改装、特に内外装の改装を差す和製英語。
そもそもこの言葉って和製英語なんですね。
そして、さらに英語のreformは「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語はrenovationである。
ここでリノベーションという言葉が出てきちゃいました。
しかも、住宅リフォームに相当する語って、、、
これじゃ余計に混乱しますよね。
また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」(rehome)としているところもある。
私も調べてみて驚いたのですが、「リホーム」でも正しいんですか!!

リフォームっていったら、普通はお部屋の一部分を新品に交換したり、補修したり、改修したりすることですよね。
私のざっくりとしたイメージでは、一部の手直し=リフォームではないでしょうか?
例えば、トイレだけ交換したってリフォームだと思いますし、クロスの張替もリフォームですよね。
お風呂や給湯器を交換したら、当然、リフォームでしょう。
ところが・・・不動産広告を見てみると、同じマンションのお部屋なのに、A社の広告には「室内リノベーション済」と書いてある、、、B社の広告には「室内リフォーム済」と書いてある。
当店のお客さまからも何度も、この件で質問をいただいたことがあります。
「結局、どっちなんですか?」
う~ん、かなりムズイです。

ぶっちゃけ、不動産業界的には現状、統一ルールがないんですよね。
そのため、広告を掲載している不動産会社担当者の判断?により、リノベーション済と、リフォーム済の表記が混在しているのが現状です。
または、販売図面の表記がリノベーション済ならリノベーション済と広告をして、リフォーム済ならリフォーム済と広告をしている不動産会社が多いのではないでしょうか?
そして、さらに、平成○○年○月室内リフォーム済とか、平成○○年○月室内リノベーション完成予定とか、平成○○年○月室内リフォーム履歴ありという表記もしなければならない決まりがありまして、
ややこしい。。。
そのため、お客さまからすると、何だかよく解らない表記をあちこちの広告にて見かけることになっているわけです。
混乱するので、早く統一表記にならないもんですかね。
ちなみに補足なのですが、本日、平成27年8月30日時点の不動産広告表記にて平成27年8月室内リフォーム済となっていれば、室内のリフォーム工事は完了しています。
また、平成27年10月室内リフォーム完成予定となっているならば、現在、室内のリフォーム工事中で、10月中にはリフォームが完成するという意味ですよね。
さらに、平成26年8月室内リフォーム履歴ありとなっていれば、昨年の夏に室内をリフォームした部分があるということになります。
この場合にはリフォームをした箇所の明記があるはずです。
そして、色々と書いてしまったので、余計に解りにくくなってしまったかも知れません。。。今回のネタは歯切れが悪くて、ごめんなさいね。

私、山下の結論としましては、リノベーション済!という表記ならば、躯体部分にも手を加えている。
専有部分の給排水管等も交換されている。
軽微なものも含めて間取り変更等もされている。
現在のライフスタイルに合わせて使いやすく設計され、改修されている。
室内のものは全て新品に交換されている。
こんなお部屋を胸をはってリノベーション済!と呼びたいですね。
かなりハードル高すぎですかね。
こう考えたら、室内をキレイにしたほとんどの中古マンションは、みんな室内リフォーム済!という表記になってしまいますね。
何だか結論が出たような出ないような感じで大変恐縮なのですが、今回はこんなお話でした。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日