menu

車のローンが残っているのですが、住宅ローンを組むことは出来ますか?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

車のローンが残っているのですが、住宅ローンを組むことは出来ますか?

住宅ローンを組む際に、既存借入があるケースですね。
「もちろん大丈夫ですよ。」
このケースの場合には、
一般的に方法はふたつあります。

●車のローンを残したまま住宅ローンを組む。
もしくは、
●車のローンを返してから住宅ローンを組む。
のどちらかです。

どちらがいいの?というよりは、
「ローンを組む方のご年収と、欲しい物件の価格により選んでください。」
という感じですね。
例えば、住宅ローンを組む方の、昨年度の源泉徴収票の一番大きい数字が450万円、車のローンが月々4万円(ローン残額が約100万円)だったとします。
細かい計算式は、省略させていただきますが、
この方の場合、車のローンを残したままで、期間35年の住宅ローンを組むとすると、

2,060万円の借入が可能となります。
(年収に対する返済比率35%・審査金利4%の場合)
そして、車のローンを返してから期間35年の住宅ローンを組むとすると、
2,960万円の借入が可能となります。
(年収に対する返済比率35%・審査金利4%の場合)
その差は、何と900万円
毎月の支払金額は4万円、約100万円の既存借入で、借入可能金額は、こんなに大きく変わってしまいます。
そのため、このケースの場合では、2,000万円前後で気に入る物件があるのならば、車のローンは残したままでも大丈夫です。
そして、3,000万円前後の物件でなければ、気にいる物件がないエリアであれば、既存借入の100万円は返してしまいましょう。

ということになります。
※既存借入を返すタイミングは様々ありますが、最長で不動産の売買契約後、住宅ローンの審査が承認され、金融機関での住宅ローン借入契約の直前でも間に合います。

ですから、先にあわてて返しておかなくても大丈夫ですよ。
もちろん、自己資金があまりないというケースでは、既存借入を残したままで住宅ローンを組みたてることになりますね。
このように、
既存借入があるケースでの住宅ローンは、
「事前に入念な資金計画が必要です!」
ご年収・自己資金額・既存借入額などによって、
ローンの組み立てはガラリと変わりますので個別にご相談してくださいね!

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日