menu

住宅ローンの返済が難しくなってきたらどうする?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

住宅ローンの返済が難しくなってきたらどうする?

この質問は、実際に住宅ローンの返済が難しくなってきた方からではなく、これから不動産を購入しようと検討しているお客さまから質問を頂戴しました。
慎重な方は、最悪の事態も想定された上で、ご検討されますので、お気持ちよく解ります。
いずれにしても参考になれるかも知れないので、今日はこの質問について書きますね。

35年の住宅ローンを組んで、念願のマイホームを手に入れました。
ずっとずっと家族幸せに暮らしていきたい。
誰もが願うことです。
しかし、残念ながら今の時代、現在の収入が何十年も先まで約束されてはいないですよね。

●残業が出来なくなった・・・
●ボーナスがカットされてしまった・・・
●病気をしてしまった・・・
●リストラされてしまった・・・

などのようなケースも充分にありえます。
将来的に万が一、住宅ローンの返済が厳しくなってきた時には、
「すぐに借入金融機関に相談してください!」
返済が苦しくなった場合に、すぐに相談をすれば、大切なマイホームを失わなくてすむ可能性が高いです。
しかし、人間誰だってプライドもありますし、そう簡単にこんな相談はできないかも知れません。
ギリギリまで何とかしようと、きっと頑張りますよね。
でも・・・ここがポイントです。
金融機関に相談する時には、必ず!
「住宅ローン返済が滞る前に相談してください!」
住宅ローンの返済が滞る前なら、多くの金融機関は相談に乗ってくれますが、延滞が始まった後に相談をしてもほとんど話は聞いてくれません。
一度延滞が生じてしまうと、延滞分を含めた返済を続けていくことになりますので、更に厳しい状況に追い込まれてしまいますよね。

そうなってしまうと、金融機関は、住宅ローン債権を保証会社に移動してしまうことにもなりかねません。
その結果、競売などの手続きがおこなわれてしまうと・・・
最悪の場合にはせっかく手に入れたマイホームを失う可能性があります。
ですから、住宅ローンの返済が苦しくなってきたら早目に金融機関に相談してくださいね。

●返済期間を延長して毎月の返済額を減らす
●一部をボーナス払いにして毎月の返済額を減らす
●遅れている返済分を分割して、以降の返済に上乗せする
●ボーナス併用払いをやめて、毎月返済にする

金融機関によっては利用できないプランもありますが、まずは、正直に事情を説明をして金融機関と話し合いをしてみましょう。
別に誰に知られるわけでもありませんし、恥ずかしいことでも何でもありません。
「競売でマイホームを失う方が何十倍も辛いハズです。」
最後にもうひとつ注意点です!
住宅ローンの返済が苦しくなったときに、安易にカードローンやキャッシングの利用などはやめてください。
これらの金利は、住宅ローンの金利より遥かに高く、利息がかさみ借入を繰り返しているうちに、多重債務者になってしまう可能性があります。
その場しのぎにしかならないと感じますので、返済が遅れる前に、金融機関に相談することをおすすめいたします。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日