menu

DKとLDKの違いってなに?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

DKとLDKの違いってなに?

ここで、みなさんにご質問です。
DK(ダイニングキッチン)は何畳以上からDKと呼ぶのでしょうか?
LDK(リビングダイニングキッチン)は何畳以上からLDKと呼ぶのでしょうか?

実はこれって、従来は明確な広さの取り決めがなく、不動産業者やオーナー・売主などがそれぞれの基準や判断で決めていたケースが多いのです。

そのため、不動産広告においてもまちまちに表現されているのが実状です。

現在、中古マンション市場で一番需要が高いのが3LDKの間取りです。

そのため、どう見ても3DKなのに3LDKと表記されている販売図面をよく見かけます。

私的には、不動産広告の間取り図を見てLDK11畳という表記はOKですが、
LDK8畳という表記には、少し違和感を覚えてしまいます。

8畳でLDK?狭くない?と感じてしまうのです。

一般の方が混乱してしまいますから、明確な基準があった方がいいですよね。

そこで、平成23年の11月に「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」から、
DK及びLDKの広さの目安となる指導基準というものが、発表されております。

内容は下記の通りです。

【DK及びLDKの最低必要な広さの目安となる基準】
・居室(寝室)数1部屋の場合、DK4.5畳以上、LDK8畳以上
・居室(寝室)数2部屋以上の場合、DK6畳以上、10畳LDK以上

以上、不動産豆知識としてDKとLDKの違いでした。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日