menu

相続した不動産の売却

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

相続した不動産の売却

こんばんは!新大久保の不動産会社ベストパートナーの山下です。

本日のテーマはこちら「相続した不動産の売却」です。

弊社にお問い合わせ頂くお客様で売却される理由をお伺いすると「相続したから」という理由が多数ございます。

不動産を相続した場合、使わない、現金にして兄弟で分けたいなどで売却する方もいる一方、どうすべきか迷ってそのままという方も多くいます。

どのようにするかはそれぞれのご事情ですが、相続した不動産の売却は通常と手続きが一部、異なることや、所有し続ける場合にデメリットが発生することがあるので、注意が必要です。

【相続不動産を売却する際に必要な手続き】

不動産を相続した場合に必要なのが、名義変更(相続登記)です。
手続きの期限は設けられていませんが、名義変更をしていない場合、売却することも、担保にしてお金を借りることもできません。

他の相続人が自分の持ち分だけ勝手に売却する恐れもありますし、将来的に相続人が増えて登記することが困難になる場合も出てきます。

不動産を相続したら出来るだけ早く手続きすることをおすすめします。

また、相続登記には時間がかかりますので、不動産を相続した際に売却を検討しているようなら、早めに相続登記をしておきましょう。

【相続不動産を所有し続ける場合のデメリット】

不動産を所有している場合、たとえ使用していなくても評価額の1.4%の固定資産税を毎年、支払わなければなりません。
電気や水道を引いている場合はそれらの基本料金もかかり続けます。
草刈りなど管理を依頼すれば、そうした金銭的負担も必要になります。

くわえて建物は年数の経過とともに価値が下がっていくので、使用せず放置するほど、資産価値もどんどん低下していきます。

不動産を相続した段階で、所有しておくべきなのかをよく検討し、手放す場合は早めに決断するのが良いでしょう。

相続した不動産の売却は、名義変更や税金などの専門知識が必要です。
安易に査定額の高さだけ選ばず、相続を扱った経験が豊富で、誠実に対応してくれる不動産会社を選ぶことがポイントになります。

ご不安なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

株式会社ベストパートナーではお客様ごとに異なる悩みや疑問を解決しながら、大切な不動産が売れるまでしっかりお付き合いさせていただきます。

不動産売却についてのご相談やお困りごとがありましたら、どんなことでもどうぞ遠慮なく、お気軽にお問合せください。

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

もちろんお電話やご来店くださっても大丈夫です。当社ではしつこい営業は一切いたしませんのでご安心ください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日