menu

本当に徒歩10分で歩ける?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

本当に徒歩10分で歩ける?

こんにちは!新大久保の不動産会社ベストパートナーの山下です。

今回は、不動産広告における最寄り駅から徒歩10分は本当に徒歩10分で歩けるのか?

多くのお客様がご存じの通り、
「駅から徒歩10分って書いてあったけれど、実際に歩いてみたら15分近くかかったよ。」

ありがちです。

というか、私の経験上でもほとんどそうなるのではないか?と思います。

最寄り駅からの徒歩時間については、
「不動産の表示に関する公正競争規約」
というものがあって、
不動産広告における徒歩○分は、1分間で80mに相当するとして計算するように定められています。

実際に時計を見ながら、歩いてみると・・・
1分間に80mのペースって、結構早いんですよね。
歩くスピードには個人差があるものの、このペースは微妙に早歩きみたいな感じのペースです。

ちなみに端数は切り上げなので、
最寄り駅から物件までの距離が721m以上800m以下の場合には駅から徒歩10分という表記になるのです。

さて、ここで不動産表記の徒歩○分がほとんどあてにならない理由として、
私が思いつくことを下記に書きます。

●坂道があっても考慮されていない。

●道路距離の80mを1分として計算して良い。

●信号待ちの時間は考慮されていない。

●当然、踏切待ちの時間なども考慮されていない。

●大規模な団地などでは、一番駅に近い棟から計算することもできる。

●駅は改札から計算ではなく一番近い出入口から計算。
(地下鉄の駅は改札から出入口まで遠い駅がたくさんありますよね。)

「いかがでしょうか?」

知っていたことも、知らなかったことも、混じっていませんか?
このような様々な理由によって徒歩10分と表記されていても、実際に駅まで歩いてみるとほとんどの場合にはもっと時間がかかってしまうのです。

そのため私からのアドバイスとしましては、検討に値する物件が見つかった時には必ず、

「物件現地から最寄り駅まで歩きましょう!」

そして、

「駅からもう一度物件現地まで歩いてみましょう!」

一往復することにより、毎日の通勤が出来そうかしっかりと判断できると思いますよ!

最後に私の意見ですが、

不動産表記で最寄り駅から徒歩20分の物件は・・・

「正直、バス便です!」

何度か最寄り駅まで、お客様と一緒に歩いたことがあるのですが、

本気で遠かったです・・・

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日