menu

媒介契約(専属専任、専任、一般)の種類の違いとは?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

媒介契約(専属専任、専任、一般)の種類の違いとは?

おはようございます!新大久保の不動産会社ベストパートナーの山下です。

不動産を所有されている方が、
様々な理由によってご自宅を売却しようと思い立ったら、
まずは、複数の不動産会社にご自宅の査定依頼をしますね。

そして、比較検討の上
「よし!○○不動産に我が家の売却を頼もう!」
ということになったならば、不動産会社に売却依頼をします。

そして、正式に売却を依頼する際には、「媒介契約書」に署名・捺印を行います。

不動産会社は「媒介契約書」を頂くことにより、正式にご自宅の売却活動ができます。

この媒介契約の種類には下記の通り三種類の契約方式があります。

1.専属専任媒介契約

2.専任媒介契約

3.一般媒介契約

それぞれに特徴がありますので、ご説明させて頂きます。

【1】専属専任媒介契約
売主様は、売却をお願いする不動産会社は1社のみとなります。
そして購入希望者が見つかりましたら必ずお願いした不動産会社を通してご契約を行います。
例えば、「お友達が買いたい」というお話があっても直接ご契約を行う事は出来ません。

【2】専任媒介契約
売主様は、売却をお願いする不動産会社は1社のみとなります。
そして購入希望者が見つかりましたらお願いした不動産会社を通してご契約を行います。
しかし、専属専任媒介契約と1の違いは、
例えば、「お友達が買いたい」というお話があった場合など、
売主様がご自身で見つけた方がいらっしゃれば直接ご契約を行う事ができます。

【3】一般媒介契約
売主様は、売却を複数の不動産会社にお願いすることができます。
ご契約もどの不動産会社で行って頂いても大丈夫です。
ただし、媒介契約を締結している不動産会社に限られます。
基本的には購入希望者を見つけて来られた不動産会社を通してご契約を行います。
また、売主様がご自身で見つけた方がいらっしゃれば直接ご契約を行う事ができます。

また、全契約に共通して有効期間は3ヶ月を超えてはいけません。

ここでひとつご注意を!

ごくまれにですが、こんな話を聞きます。
「ウチの媒介契約は自動更新になりますので。」
例え、不動産会社にこんなことを言われたとしても、
「自動更新になんて出来ません!!」
ご安心を。

3ヶ月間、売却活動を任せて売れなかった場合にどうするか?
「結果として、売れなかったけれど担当の営業マンは頑張ってくれた。」
と思えれば、
そのまま同じ不動産会社と媒介契約の更新手続きをしてもいいですし、
「何だか今ひとつ気にいらないな・・・」
と思った時には、他の不動産会社に売却依頼をすればいいわけです。

上記3種類の契約でもう少し細かい点は色々とあります。
指定流通機構(レインズ)への登録義務や報告頻度の違い等ございますが、
詳細に関しましてはお尋ねください。
まずは、大きな違いをご理解頂ければ大丈夫です!

ベストパートナーの山下でした。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日