menu

売買契約をした後にローンの本審査がダメだった場合、解約するには違約金はかかりますか?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

売買契約をした後にローンの本審査がダメだった場合、解約するには違約金はかかりますか?

こんにちは!不動産売買のベストパートナーの山下です。第1回目のコラムを書かせて頂きますね。

こちらのコラムはQ&Aをメインにさせて頂いておりますので、普段お客様と接する中でよくあるご質問について回答をさせて頂く形で書かせて頂きたいと思います!

本日のテーマは

「売買契約をした後にローンの本審査がダメだった場合、解約するには違約金はかかりますか?」

です。

結論から申し上げますと

「違約金はかからず支払い済みの金員を全て返還して解約(白紙解約)にすることが出来ます。」

 

不動産を購入するにあたり、住宅ローンなど金融機関からお金を借りて売買代金をお支払いするというのはよくある事です。

買主様は購入の意思があっても住宅ローンの審査が通らなかった場合は売買代金をお支払いする事が出来ませんので白紙解約が認められます。

厳密に申し上げますと、売買契約の特約に「融資利用の特約」を採用してご契約頂いている場合に白紙解約が認められます。

ローンの審査には事前審査(仮審査)と本審査(正式審査)の2段階を経て正式内定を取得します。

 

売主様のご意向にもよりますが、住宅ローンを利用して購入される場合は「融資利用の特約」を採用しますので、最低でも事前審査(仮審査)の承認を得てからご契約(手付)を行う事がほとんどです。

あくまでも事前審査(仮審査)のため本審査(正式審査)の段階で100%承認が出るとは限りません。

そのため、「融資利用の特約」を採用し売買契約を締結し、万が一不承認になった場合でも損失を出さずに解約が出来るようにしております。

 

「それであれば本審査まで承認を得てから契約したらいいんじゃないですか?」

という質問も良く受けますが、本審査の際の必要書類で売買契約書(調印済み)を提出する必要があります。

後追いでもいいんですが、売買契約書も審査の対象となりますので、売買契約書無しで本審査を行ったとしても、結果的には100%の承認を得られないという事になりますので、上記の様な流れになります。

 

私共仲介会社の立場としては売主様も買主様も平等に双方納得いく形、ご満足いただける形でお取引していただくことが仕事です。

そのために正しいタイミング、正しい条件で進めてますのでご安心ください。

 

これからもお客さまからいただいたご質問にできる限り、解りやすくお答えできたらと思います。

応援よろしくお願いいたします!!

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日