menu

価格交渉時の買い上げって何?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

価格交渉時の買い上げって何?

例えば、購入したい物件が決まりました。
2,980万円で販売されている物件です。
そして、
買付申込書=購入申込書に
物件金額=購入希望価格
2,900万円と書いて申込をしたとします。
この数字の意味は、
私は2,900万円でこの物件を購入したい!
という売主さんに対しての意思表示になります。
つまり、この買付申込書に提示した金額を元に売主さんに対しての正式な価格交渉が始まるのです。
ここでたまにカン違いされる方がいますので、補足説明をしますね。
購入希望価格を2,900万円と書いたから、この物件が2,900万円になる訳ではありません。
あくまで、購入希望価格なので、この金額に対して、売主さんからの回答がきます。(基本的に、申込日から数日以内)
そして、数日待って売主さんからの回答が出ました。
例えば、そのまま希望通りに

2,900万円でOKという回答

結果は80万円の値引き
または、2,900万円は無理だけど、
2,930万円でOKという回答
結果は50万円の値引き
または、2,900万円はちょっと無理だけど、
2,950万円でOKという回答
結果は30万円の値引き
または、2,900万円は全然無理
2,980万円の満額ならOKという回答
結果は全く値引きできず
というように、様々なパターンが想定されます。
そして、ブログのタイトル

「価格交渉時の買い上げって何?」
ですが、売主さんからの価格回答に対して、購入希望者=買主さんが購入価格を上げることを言います。
つまり、2,900万円で申込をしました。
売主さんの価格回答は、2,950万円でOKです。
2,950万円であれば不動産をお売りします。
だった場合には、不動産業者から購入希望者に対して、売主さんの売却希望価格は、2,950万円なので、あと50万円程、価格を上げていただけますか?
という返事を購入希望者=買主さんにお伝えするわけです。
ここで、買主さんが、50万円の買い上げOKをすれば、売買価格が2,950万円ということで確定しますので、そのまま、売買契約に向けての動きが継続となります。
ここで、例えば買主さんが、50万円の買い上げは無理です。
2,900万円にならないなら欲しくありません。
という回答をした場合には、この時点で交渉決裂となるのがほとんどです。
また、このようなケースもよくあります。
例えば、買主さんが50万円の買い上げは無理ですが、30万円の買い上げで、2,930万円ならいいです。
2,930万円でいかがでしょうか?
この場合には、不動産業者は売主さんに対して、こう言います。
50万円の買い上げは無理でしたが、30万円の買い上げは何とか出来ました。
2,930万円で売っていただけませんか?
ここで、売主さんが
解りました。金額を30万円上げてくれましたし、2,930万円でお売りしましょう。
となれば、この時点で売買価格が確定となります。
その反対に、2,950万円に上がらないのであれば、お売りできませんので、この話はなかったことに。
となれば、この時点で交渉決裂となります。
何だか、口で説明すれば簡単なのに、文章で書くと解りにくいかも知れませんが、このやり取りが価格交渉の基本パターンとなります。
そして最後に、価格交渉をする場合には何故だか単位が10万円単位なのです。
「何でだろ?」
不動産は高額のためなのか理由は定かではないのですが、1万円単位になったことは、私の経験上、ほとんどありませんでした。
これは、私の想像なので、違っていたら恐縮ですが、多分、何千万円・下手をすれば何億円という高額取引において、1万円単位でまけてくれ!と言うのは、言う方も言われた方もあまり良い気分がしないですよね。

特に価格交渉に関しましては、かなりデリケートなやり取りになりますので、結果として、売買契約が成立する確率が著しく下がるのではないでしょうか?
そのため、当たり前のように10万円単位での価格交渉になっているような気がします。

以上、長くなってしまいましたが、少しでも参考になれたなら幸いです。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日