menu

最近転職しました。住宅ローンを組むことはできますか?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

最近転職しました。住宅ローンを組むことはできますか?

この質問も結構多いです。
今日はこの質問についてお答えしますね。
住宅ローンを組む際に都市銀行などでは、勤続3年以上がひとつの目安になっております。
いわゆる正社員になってから3年ですね。
会社から貰った、健康保険証の資格取得日を見てみてください。
この日から3年以上たっていれば、勤続年数的には、住宅ローン問題なしです。
各銀行の融資担当は、必ずここの年月日をチェックしますので!
例えば、資格取得日から2年ぐらいしか経過していないとか、1年しかたっていない方もいると思います。
勤続3年未満だから、住宅ローンは無理・・・?
いいえ。
「私の実務経験上、勤続2年の方や勤続1年の方でも、住宅ローンを借りて不動産を購入した方はたくさんいますよ。」

勤続が3年未満の場合には、銀行によって提出書類は違うものの今までの職歴書を追加で出してくださいと言われます。
簡単な書式のものばかりなので、すらすらと書けると思いますが、ここで転職歴についてひと言。
例えば、学校を卒業してから
○食品メーカーに就職(勤続半年)
○部品製造会社に就職(勤続1年)
○訪問販売の営業に就職(勤続半年)
このような職歴だとすると、住宅ローンを組むのは相当難しいと思われます。
何故?
銀行からすると、この人はただ単に仕事が続かない人なのかな~?と思われてしまうからです。
例えば、下記のような転職歴の場合には
○システムエンジニア見習い(勤続1年)
○システムエンジニア(勤続2年)
○システムエンジニア(勤続1年)
銀行からすると、この人の方が住宅ローンを融資してくれる可能性が高いです。
転職は多いものの、同業種でのステップアップのための転職という好意的な見方をしてくれるからです。
理想としては転職の度に、給料が増えていたりすると尚良しです。
そして、勤続がまだ半年しかないよ。
という方は、都市銀行・地方銀行系だと正直、住宅ローンを組むのが難しいと思われますので、
「私の経験上、勤続が短い方はフラット35を利用した方が住宅ローンが通る確率が高いです。」
勤続半年足らずで融資承認がおりたケースもありましたからね!
ただ、住宅ローンに関しましては個別案件ごとにご相談が必要かと思いますのでローンが組めるかどうか不安な方は、住宅ローン事前相談から始めてみましょうね!

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日