menu

本当に売りに出てますか?①

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

本当に売りに出てますか?①

何社かの不動産会社にご自宅のマンションの査定を依頼したSさん、
その中で、一番信頼できそうだなと思った会社悪知恵不動産専任媒介契約を結んで、ご自宅を売りに出したとしますね。
不動産会社は、ご自宅の売却を依頼した依頼者の方と専任媒介契約を結んだ場合、契約を結んだ翌日から7日以内に、指定流通機構(レインズ)へ物件を登録する義務があります。

※レインズとは、宅地建物取引業者の免許がおりたその日から、見ることが出来る不動産会社専用の共通データベースです。

そして、指定流通機構レインズに物件を登録した後、登録済証を媒介を受けたお客様にお渡しする義務があります。
ちゃんと不動産屋共通のデータベースに○月△△日付けで物件を登録しましたよ~という証拠になる書面ですね。
これを渡さない不動産会社も稀にありますので、しっかりとこの書面は貰っておきましょう。
しかし!
書類を貰っても安心してはいけません。
このレインズ登録済証を貰ったからといって、ちゃんと指定流通機構のレインズに依頼者の物件が掲載されているとは限らないのです。
そうです。
今回、Sさんが専任媒介契約を結んだ悪知恵不動産は、

実は悪徳不動産会社だったのです!!
私が毎日、新着物件のチェックをしていると、たまにこんなケースがあります。
午前10時にレインズをチェックしたところ、山手線「新大久保」駅徒歩10分のところで、1,980万円の新着物件が出ていました。
間取りはまだ、掲載されていなかったので、物件概要書だけをプリントアウトしておきました。
そして、仕事をこなし、お昼ご飯を食べてから、もう一度、午後の新着物件チェックをしました。
すると・・・・・!!
午前10時にレインズを見たときには、間違いなく掲載されていたはずの山手線「新大久保」駅徒歩10分
1,980万円の新着物件がどこにも掲載されていません。
何度、検索してみても・・・
もうその物件情報は掲載されていないのです・・・
「何故?」
この不可思議な現象は何故おこったのでしょうか?
同業者の方には、当然その理由が解りますよね。
知り合いに不動産屋さんがいる貴方は、不動産屋さんに聞いてみましょう。
勘の良い方は、ひょっとしてお気づきになられたかも知れませんが、何故、この現象がおきたのかを説明しますね。
先程、ご説明させていただいた通り、不動産会社は、ご自宅の売却を依頼した依頼者の方と専任媒介契約を結んだ場合契約を結んだ翌日から7日以内に、指定流通機構(レインズ)へ物件を登録する義務があります。
そして、さらに指定流通機構レインズに物件を登録した証として、登録済証を媒介を受けたお客様にお渡しする義務もあります。
今回、悪知恵不動産は、Sさんと専任媒介契約を結んで、ご自宅の売却活動をすることになりました。
レインズへの登録義務があるので、この日の午前9時30分にSさんのご自宅の物件情報をレインズに登録したのです。
そして、登録した際にレインズ登録済証をプリントアウトしました。
S様に登録済証を渡さなければいけないので。
その後、信じられないことに・・・・・
Sさんのご自宅の物件情報を削除してしまったのです・・・・・
削除されたということは、Sさんのご自宅の物件情報は、不動産屋のデータベース上の何処にも掲載されていないので・・・
そう。。。。。
「売りに出したはずなのに、売りに出ていない状態となってしまいました。。。」
もちろんこんな行為が許されるわけもありませんが、残念なことに、いまだに時々見かけるのです・・・
どうして、悪知恵不動産はこんなことをしたのでしょうか?
このお話は、不動産業界の闇の部分のお話となります。
相当、長くなってしまうと思いますので、
何回かに分けて書かせていただきますね。

本当に売りに出ていますか?
その②につづく。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日