menu

耐震・免震・制震の違いは?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

耐震・免震・制震の違いは?

地震大国日本。
3.11の記憶。


マンション購入を検討されている方にとって、マンションの構造が気になるのは当然ですよね。
そして、
「耐震構造」
「免震構造」
「制震構造」
よく聞く言葉ですが、
実際にどこがどう違うの?
私なりにシンプルに簡単に説明したいと思います。

まずは、
「耐震」
字の通りでまさに耐える!
そう、とにかく建物を丈夫で頑丈な造りにして、ちょっとやそっとの地震では倒壊しないように造る。
具体的には、建物の躯体を筋交い、金物などで補強して、骨組みを強化します。
そして地震の揺れに耐えられる構造にしよう。
これが、耐震構造。
ただし、地震エネルギーはそのまま家屋に伝わる構造なので、免震、制震に比べると地震時に壁や家具などが損傷しやすい。

次に、
「免震」
建物と地盤との間に積層ゴムなどの特殊な装置を付け、地震の揺れを直接建物に伝えないようにした構造のこと。
地震に強いだけではなく、揺れそのものを軽減する構造になっているため、
室内の損傷などの被害をかなり防ぐことができる。
これが、免震構造。
耐震構造と比較すると、大地震時の揺れの強さを三分の一から五分の一程度に抑える効果があるため、
建物へのダメージ、室内での被害も抑えられるメリットがあります。
しかし・・・コストがかなりかかるため、賃貸住宅などで、免震構造になっている建物は、ほとんど見たことがありません。

そして最後は、
「制震」
高層のタワーマンションなどに多く、建物内の色々な場所(構造上ポイントとなる部位)に、オイルダンパー装置等、特殊な装置を取り付けることにより、地震の揺れを吸収できるようにする。
この装置により、地震時の建物の変形などを、制震装置が吸収して、地震のエネルギーを建物に
伝えにくく、そして揺れを少なくします。

ただし、こちらの装置も相当なコストがかかりますので、中古マンションで制震構造になっている建物はかなり少ないですね。
築浅のタワーマンションの一部がこの構造になっています。

以上、非常にシンプルな説明ですが、少しでもイメージが掴めたとしたら幸いです。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日