menu

告知事項あり物件の告知期間はいつまで?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

告知事項あり物件の告知期間はいつまで?

はい、相当難しい質問がきましたね
不動産売買・賃貸ともに告知事項ありといえば
例えば、その物件にて
自殺、他殺、事故、事件、火事
などがあった物件だということです。
この中で不動産関連の告知事項で一番多いのは、自殺物件ではないでしょうか?
売買・賃貸ともにお客さまにご紹介する図面の備考欄に「告知事項あり」と書いてあるケースです。
この自殺物件、実務上はどこまでみなさまに告知されているでしょうか?
通常、売買物件の場合現在の所有者が自殺された場合には、必ず「告知事項あり」という表記がされていると思います。
不動産広告には表記がない場合もありますけどね・・・
でも!
実際にお客さまからお問い合わせがあった場合には
「実はこの部屋で・・・だから相場よりも安いのです。」
という説明があるはずです。
また、不動産業者がこのような告知事項ありの物件を買い取って室内をキレイにリフォーム・リノベーションして売りに出ているケースもよくありますよね。
この場合にも当然ですが、不動産業者・仲介業者の方から経緯の説明があるはずです。
仮にこのことを隠して販売したとしても、人の口は塞げませんから、お住まいになられた後に当然、話が耳に入りますよね。
事前にもし、しっかりと説明をしていなかった場合には、
「そんなことがあったと知っていたら絶対にこの家を買っていない!訴えてやる!」
となり、裁判沙汰になってしまうわけです。
そうなってしまったら、知らなかったではすまされませんので、
もちろん、最初から知ってたわけですし、しっかりとお伝えする必要があります。
だから、ちゃんと事前説明をした上で
「相場よりかなり安いし、私はそういうの怖くない。全然、気にならないからここを買います!」
という方しか購入されないわけです。
仮にこのツワモノをSさんとします。
Sさんは告知事項ありのこの物件を購入して1年間住んだものの、家族にあまり良いことがなかった。
もちろん、たまたまかも知れません。
そして、住んでみたらやっぱり少し告知事項のことも気になった、、、
家族会議の結果ここを売って他の物件に住み替えよう!
ということになりました。
このSさんが購入した告知事項ありの物件1年住んで売りに出す時も告知事項ありの物件になるのでしょうか?

正直、ならないケースの方が多いと思います。
何故??

その理由は・・・単純に一度他の人が住んだから??
そうです。
実務上、この場合には告知事項あり!とはほとんどの場合なっていないかと思います。
例えば、あなたがこのSさんだった場合不動産屋さんの売却査定時に正直に

「元、告知事項ありの物件です!」
って言えるでしょうか??
人間心理上、誰だって安く買ったものを、少しでも高く売りたいというのが本音ですよね。
私が買った時は告知事項ありの物件でした。と事前に伝えたら家の査定金額が大幅に安くなってしまうかも。
よし!聞かれたら言うか・・・聞かれなかったらラッキー!!買った時よりも、高い金額の査定になるかも?
こう考えたとしても無理もない話ですよね。
もちろん、不動産屋の方だってそんなことはお見通しです。
しっかりと成約事例を調べてちゃんとした物件調査をすれば!その話は耳に入ってくるはずなので、
「このお家は確か・・・以前に告知事項のあった物件ですよね?」
当然、こうなります。
でも・・・
少し考えただけで下記のようなケースが浮かびます。
ケース①
売主Sさんがこのことを黙っていて不動産屋も手抜き仕事で気付かなかった。
当然、相場通りの価格で売りに出された。

ケース②
売主Sさんはこのことを伝えたが不動産屋は告知事項にはならないと言って普通の金額で査定してそのまま売りに出した。

ケース③
売主Sさんはこのことを伝えて不動産屋も以前の告知事項として、受け止めて、相場よりも少し安く査定してこの物件を売りに出した。

他にもありそうですが、
このケース①②③
この中でどれが正しいのか??

その答えは・・・
残念ながらありません!
えっ!!ないの?

そうなんです。
実は・・・
告知事項あり物件の告知期間は法律上、特に定められていないのです!
驚きますよね!

特に法律上の定めがないので実務上はまさにケースバイケース!とってもグレーな対応がとられているのでした。
そして現在、不動産売買の取引時において実務上、告知事項ありになっているのは個人の方が売主の場合は現所有者に告知事項があったとき。
また、不動産業者が売主の場合は前所有者に告知事項があったとき。

ここまでとなっております。
この話はとっても奥が深いので次回また告知事項のお話をしますね!

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日