menu

隣地から越境してきた木の枝を勝手に切ってもいい?

新宿区で不動産売却するなら不動産売却のベストパートナー

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-866-861

営業時間:10:00〜19:00

隣地から越境してきた木の枝を勝手に切ってもいい?

今回はこのネタでいきますね。

例えば、

さんの隣のお家
さんの庭にある柿の木がすくすくと育って、
さんの庭先に越境してきたとします。

正直、邪魔だし木の枝を切ってしまおうか?
ついでに、はみ出してるんだから柿も・・・?
そう考えても無理もない話ですよね。

「実は、このはみ出してジャマな木の枝、Aさんが勝手に切ってはいけないのです。」

民法上の解釈では下記のようになっています。
●越境してきた木の枝・根の処理
隣地の木の枝が境界線を越えてきたときは、その木の所有者に枝を切り取らせることができる。
しかし、自分で勝手に切り取ることはできない。
隣地の木の根が境界線を越えてきたときは、
自分で切り取ってしまってもよい。

 

普通に考えたら逆のような気もするのですが・・・
「自分の土地にはみ出してきていても、勝手に切ってはいけないんですね~」
ただし、木の根は地面から出てくるので、
自分の土地の一部のようなもの、
だから、
「勝手に切っても良い!」
こういう解釈なのです。

何だか不思議な気がしませんか?
今回はショートショートというか、不動産豆知識の小ネタでした。

新宿区の不動産売却は【不動産売却のベストパートナー】へ

〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目4-8 ステアーズビル 1階

宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第90384号

営業時間:10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日、第一、第三火曜日